ニュース
   沿革
   創業元年夕刊取材記録
   経営理念
   雷誉人の愛
   会社ニュース
   総経理経営総括報告
 
総経理経営総括報告  現在位置:ホーム > ニュース > 総経理経営総括報告
2014年度雷誉経営総括
発表時間:2015-06-05 アクセス数:213
 

来賓の皆様こんばんは。 忘年会を始めるにあたり、私からご挨拶をさせて頂きます。 皆様が楽しく健やかで良い未年をお迎え下さいます様お祈り致します。

忘れも致しません... 第一回目の忘年会は9年前、光聯村の大講堂での開催でした。 そして本日は私達雷誉自社ビルで忘年会を開催致します。 雷誉成立からちょうど15年になる事を思うと、感無量です! 

    去年2014年、私達はいくつかの大きな事を成しました。 一つ目は申し上げるまでも無く、いまここにございます新工場を落成させた事です。 これは既に会社を離れた人も含む全ての社員の努力の賜物です。 二つ目は上海雷誉と蘇州雷誉がとどこおりなく新工場に移転した事です。

    引続き私が取締役会を代表し、皆様に2014年の経営総括をご報告致します。

一、 経営データのまとめ

売上業績、総資産、株主の権益


     2014年は雷誉にとって裏年で、売上高は2013年比で16%の減少となりました。 これは全中国で製造業が下降傾向である環境との関係だと思われます。 しかし、それにもかかわらず雷誉包装の総資産は2013年比21%の成長を、株主の権益は6%のアップを果たしています。


    こちらは雷誉が日本で8年続けている新事業“工具”の非常に厳しい状況です。去年はようやく2013年比68%と言う顕著な成長が見えたにも関わらず、非常に残念な事に日本円の為替レートが下降を続けた結果、日本雷誉の総資産額が2%下降し、株主権益は20%も減少してしまいました。 これは大変残酷な事実です。 でも皆様、どうぞお気を落とされません様に。 私達雷誉人は2015年の頑張りできっと満足できる成績を残せると信じています。 来年、その結果を皆様にご報告出来るでしょう。

一、    新工場移転後の人員組織変化


      こちらの人員変動のグラフで、工場移転後に人数が大幅に減少した事が分かります。減少人数は60人に上り、それだけの人件費を削減する事が出来ました。 雷誉の社員1人の年間コストは8万元です。 60人を削減し尚、去年と同じ生産額を保てるという事は、今雷誉に残っている社員は皆エリートあり、より多くの価値を生み出すことが出来ると言うことです。 当然ながらその為には、来年も会社全体でより一層の努力をする必要があります。

一、    新工場 建築受入検査の全項目に合格する


       この新工場は私達雷誉の14年で最大の成果であり、雷誉の動脈です。 私達雷誉が一般の製造業から環境保護型製造業へ邁進する第一歩です。 雷誉の創業15年は既に成功しました。 これからは更に壮大な再創業に取り組みます...

一、    人道的配慮

1、定年退職制度の確定

4名の定年退職人員


      この4人は15年来雷誉で奮闘してきた第一回目の定年退職者です。 彼らの定年退職が雷誉が単純な家族企業には成らないという基礎を作りました。 今後、全ての職員は定年退職の年齢以降は1年しかその職に留まる事が出来ません。 それは、私も同じです。 そして全ての職は真面目に働いてきた部下達に譲られることになります。 

2  “忘年会”から“新年会”へ

わが社では2007年から毎年“忘年会”を開いてきましたが、来年からは忘年会を“新年会”に変更して開催します。 外省から来ている社員の皆さんが少しでも早く帰省をし、ご家族と一緒に年越しを出来る様に配慮をしました。 熾烈な生存競争を強いられている現状で、更に厳密な計画生産を進める事を前提とし、お客様には製造業として最も末端の加工をする企業に対する人道的配慮を求めたいと考えています。 私達雷誉の皆さんが早く帰郷し家族団らんの年越しが出来る為に。。。

五、雷誉社 2015年から環境保護型製造業へ転換する

20148月 雷誉全額出資の「上海雷誉光触媒エコロジーサイエンス有限公司」を上海に設立する

201412月 雷誉大株主が長宗産業株式会社を買収する

光触媒発明の特許を獲り、日本で「ナガムネコ-ポレ-ション株式会社」を設立


       これが雷誉が環境保護型製造業へ邁進する歩みです。 これから私達はこの国家級の工業園区で子々孫々と続くような事業を創造していきます。


      続きましてパッケージ事業について報告致します。 パッケージでも環境保護型企業への変換を試みています。 先ず、原材料シート材ではPVCシートをエコな材質に変更していくのもその一歩です。 更にパッケージでは、光電デバイスや新エネルギー自動車等の業界で使われる製品を新しく造られた防銅ルーム内で生産されます。 このことはわが社の製品のグレードアップであり、変革です。

   雷誉の前にあるのは光り輝く将来であり、私達は十分にその未来を信じています。 雷誉は過去の15年間製造業を選択しました。 そして今後はエコロジー製造業を選択していきます。 今後もっと多くの人達がこのチームに加入していく事を、そして私達の足元に続く道はこの先、進めば進むほど広くなっていくことを私は信じています。 私達雷誉の名前もこの工業園区を、上海を、そして中国をも出て行くことでしょう。 

王必雷

20152


 
[ページ上部へ]  [戻る]