ニュース
   沿革
   創業元年夕刊取材記録
   経営理念
   雷誉人の愛
   会社ニュース
   総経理経営総括報告
 
総経理経営総括報告  現在位置:ホーム > ニュース > 総経理経営総括報告
2014年 ”雷誉第一新工場竣工式典” スピーチ
発表時間:2014-10-24 アクセス数:115
 

皆様、こんにちは。

本日20141018日は中国の大安吉日にあたります。このようなおめでたい日に、全国各地からこの竣工式に御出で下さり、誠にありがとうございます。こんなに多くの方に御出で頂いたということは、本日が弊社雷誉の新たな飛躍の時だということを証明してくれているでしょう。

 14年前、弊社雷誉は真空成型の委託加工業務からスタートし、幾度かの経営危機もありましたが、無事に克服し、今では“早い・正確・安い”の体制を確立致しました。

 北京事務所投資の失敗と金融危機という苦難もありましたが、2007年にはそれを恐れることなく、日本向けの工具事業の投資を始めました。

 8年という苦難を経て、単純な委託加工業から自社製品を設計し生産するという理念へ転換し、2014年には環境保護の方へも新事業を展開したことで、更なる産業レベルの向上と新事業創業への挑戦を起こしました。

 日本の製品に対しての研究及び開発の強みを利用し、中国での強力な量産製造能力と広大なマーケットの需要を頼りに、雷誉は起業して14年来、企業文化の基礎を形成しました。事業を起こす時の最大の敵は自分自身であり、自分自身に厳しく何事にも挑戦してこそ勝利を勝ち取ることができるのです。雷誉は真空成型業務から工具事業へ、現在は570光触媒という新規環境保護事業へと、確実に前進をしております。今後も必ず成功させます。

 この度、御出で下さいました御来賓の皆様、並びに株主の皆様に再度感謝の気持ちを述べたく思います。私たち雷誉はこれまでと変わらずに、自分たちの理想へ向かって精進して参ります。

 

王必雷

 
[ページ上部へ]  [戻る]